このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ◆洋菓子・和菓子 高砂ベルシュ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

瀬港線国道(363号線)沿い、本地ヶ丘にあるのが高砂ベルシュさん。

「高砂」という和風な名前と、「ベルシュ」という洋風な名前を持つとおり、和菓子と洋菓子を扱う尾張旭市内でも老舗の菓子舗です。

ショーケースの横を入っていくとティールームになっていてお店のケーキを飲み物と一緒にゆっくり楽しむ事ができます。
今回この高砂ベルシュさんが「おいしい紅茶の店」の認定に当たって取り組んだのは「ケーキ屋の特色を出した紅茶」。

まずはケーキに合う紅茶として、ダージリン、ヌワラエリア、そしてミルクティー用にはアッサムを準備。
そしてケーキ屋としての特色を出すために「オレンジティー」と「ミントティー」を準備しました。

「オレンジティー」「ミントティー」というとフレーバーティーを想像するかもしれませんが、そこは老舗のケーキ屋のこだわりで、オレンジはコンポート(シロップ煮)してカップに入れて丁寧にポットで淹れた紅茶を注ぎます。

フレッシュなフルーツを使った紅茶のレシピも多いのですが、実際においしいレシピとなると殆どありません。
そのあたりのこだわりで、オレンジをコンポートしているのです。
コンポートしたフルーツだと、えぐ味が押さえられ、フルーツの味が生きてくるのです。

ミントティーももちろん市販のフレーバーティーではなく、フレッシュなミントを入れてくれます。
ミントティーの場合はフルーツではないですからえぐ味も出ず、ミントの香りが紅茶のおいしさを引き立ててくれるのです。

この日はモーニングでしたのでトーストも付いているのですが、モーニングを頼まないとちゃんとしたケーキが付いてきます。

愛知県の喫茶店は「コーヒーにおつまみ」が普通なのですが、このお店はケーキ屋さんだけあって、「おつまみ」でなく、ケーキがお茶請けについてくるのです。
それが案外しっかりしたケーキで得した気分になれるのです。

でも、おいしそうなケーキも見逃せません。
やっぱり食べたいケーキを食べるのが一番おいしいですもんね。

尾張旭銘菓「いちっこ」

世の中の流れか、和菓子より洋菓子のほうが多くなってきています。
が、御紹介は和菓子から。

こちらは尾張旭銘菓「いちっこ」。

尾張旭の特産品のイチジクを使った洋風和菓子?です。
「いちっこ」は尾張旭市内のいろんなお菓子屋さんで見かける事が出来ますが、発祥の地はここ「高砂ベルシュ」さんなのです。

尾張旭市特産品 「あさひロール」

愛知万博のおりに「尾張旭市観光協会」が出来て、「尾張旭名物が欲しい。」という事でここのオーナー服部さんが考え出して尾張旭市内に広めたのがこの「いちっこ」なのです。

ロールケーキブームも外せません。尾張旭市の特産品認定もされている「あさひロール」。
流行に敏感なケーキ屋さんでもあります。

流行に敏感というところで、マカロンとか、焼きドーナッツとか。

 

 

紅茶ももちろん美味しいのですが、やっぱりこの高砂ベルシュさんではケーキを楽しまないともったいないお店ですね。

ちょっと前に流行したマカロン

流行中の焼きドーナッツ

 

お店のデータ
店名:  高砂ベルシュ
お店の一押しメニュー:
一押しメニューの価格:
TEL:  0561-52-1251
住所:  尾張旭市南本地ケ原町3丁目79
定休日:  水曜日
営業時間:  9:00-20:00(喫茶部)
交通:  車が便利
駐車場:  たっぷり
ホームページ:
愛知県尾張旭市南本地ケ原町3丁目79