このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ◆紅茶がボダム社のティーポットで出てくるお店・夢乃舎(ゆめのや)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

紅茶の美味しい夢乃舎外観どう見てもお洒落なカフェには見えない外観

カフェと言うよりも民家じゃないのか?というか、車椅子でも楽に通れるスロープから考えるとデーサービスセンターのようににも見えます。

 

紅茶の美味しい店・夢乃舎 看板表の看板にしても、失礼ですがとてもお洒落なカフェには見えません。
場所も、「こんな奥にまで住宅街があったのか?」と思えるほど奥の奥で、普通ならここでカフェが成り立つとは思えないところに夢乃舎(ゆめのや)さんはあります。

私は最初見つけたときには、「きっとデーサービスセンターが付属のカフェをやっているんだろうなぁ。」と思ってしまいました。

 

 

ところが、中に入ると外観に似合わずとんでもなくお洒落なこだわりの空間が広がっています。

紅茶の美味しい店・夢乃舎インテリア夢乃舎こだわりの椅子美味しい紅茶を淹れてくれるキッチン

 

無垢の一枚板のテーブルはこだわるお店も多いのですが、この椅子、いったい一脚いくらするんでしょうか?

 

カウンターの向こうには料理研究家くらいしか使わない感じの高級システムキッチン。
それも真っ赤なシステムキッチンってセンスはいいのですが実際に使うにはそうとう度胸が要ります。

 

 

紅茶を頼んでみるとティーポットはドイツのボダム。
あの憧れのボダムをお店の営業で使ってしまう!紅茶を淹れてくれるのはドイツのボダム社のティーポット

ちょっと格好をつけて写真用に持っていった洋書を開いてみました。
20世紀初頭のレシピ本だったりします。
それが違和感無く似合ってしまう!

ボダムのダブルウォールのグラスに入ったアイスティー

 

別の日に頼んだアイスティーはこれまたボダムのダブルウォールのグラスで出てきました!
「これだと水滴が付かないからコースターが要らないでしょ。」って、それだけでボダムは使えないですよ。お店でなんて!

昔、別のところで喫茶店をやっていた気さくなママさんと、普段は会社勤めでお休みの日だけお店に出ていらっしゃるご主人のお2人で営業されているんですが、自分の好きなもの、気に入ったものを惜しむことなく使っていらっしゃる感じです。

これだけこだわっていれば高くて当然なんですが価格はごく普通の喫茶店と同じ。

もちろん愛知県ですからモーニングは必須なんですが、そのモーニングもボリュームたっぷりなのです。

夢乃舎 紅茶にもモーニング

普通、喫茶店・カフェはランチで儲けるのが普通なんですが、なんとこのお店、ランチをやってない!

でも、その代わりなのか、このたっぷりモーニングはお昼12時までやっていますから、12時までにオーダーすれば飲み物代だけでランチが出来てしまいます。
これって超お徳!

愛知県の喫茶文化の伝統! 〆のこぶ茶!

 

さらにビックリしたのが最後のこぶ茶!

今はこぶ茶を出すお店がほとんど無くなってしまったのですが30年位前までは最後にこぶ茶を出してくれるお店がたくさんありました。
頼みもしないのに最後に出てくるこぶ茶!
この愛知県の喫茶文化の伝統を知らない人はびっくりします。
今は廃れてしまっているのですが、これぞ愛知県の喫茶文化、カフェ文化の伝統なのです。
そんな愛知県の伝統の喫茶文化を残してくれていたお店があったなんて。
それもボダムと一緒に出てくるなんて凄いと思いませんか?

誰も気づかないくらい奥の奥にある、誰にも教えなくないような隠れ家的なカフェなんですが、知る人ぞ知る、口コミで広がったのでしょうか、外観からは想像できないですが、駐車場に車がいっぱいの時がある人気のカフェでもあったりします。

 

お店のデータ
店名:  夢乃舎(ゆめのや)
お店の一押しメニュー:
一押しメニューの価格:
TEL:  0561-42-5776
住所: 尾張旭市旭ケ丘町長洞6009-3
定休日:  月曜日、火曜日
営業時間: 平日: 7:30~16:00、土日祝:7:30~13:00
交通:  名鉄瀬戸線 尾張旭駅から徒歩30分
名鉄瀬戸線 三郷駅から徒歩25分
駐車場:  5台くらい 詰めれば7台??
ホームページ:
愛知県尾張旭市旭ケ丘町長洞6009−3